社会福祉法人による地域貢献

社会福祉法人にはサービスの充実や質の向上に努めるだけではなく、「地域福祉の拠点」であると自覚し、その地域の実態にあったサービスを提供しなければ、高い評価を得ることはできません。少子化・高齢化や人口減少という社会状況の変化に加え、家族の中での助け合いの機能は低下しています。更にはひきこもり、孤独死、育児放棄といった市場原理では満たされない課題も増えてきています。社会福祉制度のセーフティネットとして、自らの役割を改めて見つめ直し、役割を再認識する必要があります。それが朕に求められる地域貢献となるでしょう。もちろん、彼らだけにその責を負わせるのではなく、行政は彼らが活動しやすくなるために必要な環境や制度を整え、また必要に応じて補助金を出し、地域における公益的な活動を促進させていかなければなりません。両者が安定的・継続的に連携するからこそ、地域が必要とするサービスを創造し、機能し続けることができるのです。

最新投稿

  • 私が続けている福祉活動

    ニュースで母子家庭の子供たちが貧困のせいでまともにご飯を食べられないでいるという話を耳にしました。こ …

    続きを読む...

  • 私が行っている地域貢献

    地域貢献のために、週に一度町内の福祉施設に一人暮らしの高齢者を集めて食事会を開催しています。きっかけ …

    続きを読む...

  • 高齢者を見守る福祉活動

    地域貢献の一環として、近所の一人暮らしの高齢者の家を訪ねる福祉活動を行っています。会社を定年退職して …

    続きを読む...

  • 地域貢献のために無償の学習塾の手伝いをしています

    私は、地域貢献のために無償で学習塾を開いている友人の手伝いをしています。その友人は元々教師をしていた …

    続きを読む...